PROFILE

出演日時

  • 2017年 11月
  • 2017年 12月 12 / 13 /

JJ

出身 : 沖縄
所属 : 琉球パフォーマーズコネクション代表
    琉球パフォーマンスクルー「WHO’S NEXT」代表
    エキストリームエンターテイメント集団「CHIMERA」

プロフィール

2000年に総理府(現内閣府)に採用され、内閣府事務官として16年間沖縄振興に携わり、2016年に国家公務員を引退。沖縄のパフォーマー&クリエーター派遣組織「琉球パフォーマーズコネクション」を設立し、沖縄にサーカスを設立するため活動中。 JJが行っている「フリースタイルバスケットボール」は、バスケットボールに欠かせない基本的な技術「ドリブル」「ハンドリング」を極限まで磨き上げ、流れる音にシンクロさせて技術を披露する新しいジャンルのパフォーマンスである。
主流がボール1つを使用するスタイルなのに対し、2つを操る独自のスタイルを確立したのがJJである。そのオリジナル性に富んだスキルは世界的にも珍しく、後に「ダブルボール」と呼ばれ、「ダブルボールのパイオニア」と称される存在となる。
2007年にはフリースタイルバスケットボールの日本ナンバー1を決める大会において関東大会を優勝し、各地方大会を勝ち抜いた王者達で日本一を決定するファイナルラウンドをも制し、「日本一の称号」を得る。 2008年以降は大会を引退し、ジャッジとして日本各地の大会及び台湾の大会のジャッジを務め、2014年には日本フリースタイル界から「レジェンド表彰」を受賞する。
一方、沖縄で活躍するストリートパフォーマーを集結させ、琉球ストリートパフォーマンスクルー「WHO’S NEXT」を結成し、沖縄のパフォーマンス界に大きな影響力を与える。
全国的にみても、日本を代表する各ジャンルのトップパフォーマーが集結する「Chimera GAMES」にフリースタイルバスケの代表として選出されるなど、日本のパフォーマンス界からも高い評価を得る。
宮本亜門制作舞台「teeteetee」オーディション合格、沖縄国際映画祭でのパフォーマンス及びトークショー出演、お笑いの聖地「なんばグランド花月」出演など、その活躍はバスケットボール界のみならず、各界に輝きを放ち続けている。

大会実績

・2005 FREESTYLE BATTLE 日本一決定戦 BEST4
・2007 FREESTYLE BATTLE 日本一決定戦関東ROUND優勝
・2007 FREESTYLE BATTLE 日本一決定戦 FINALROUND 優勝
・2014 FREESTYLEBASKETBALL界 レジェンド表彰受賞
※2008年以降はジャッジとして活動

メディア出演暦

・TBS 「プレジャー」「Asian Ace」
・NHK 「パフォー」 「秋田放送局NEWS」
・沖縄テレビ 「ディキヤーズ」「ひーぷー☆ほっぷ」「098TV」
・琉球朝日放送「スパイス」
・琉球放送 「THE NEWS」「沖縄BON」「R級ワイドー」「ラフピー」
・FM沖縄「RADIO dub」
・フジテレビ 「ライオンのグータッチ」
・ラジオ沖縄「淳奈6時半から飲むけど!?じゅんにな~!?」
・RBCiラジオ「スポーツフォーカル」「みーぱちパーチ!」
・アクエリアスCM「みんなのチャレンジムービー」
・RHYMESTER 「HEAT ISLAND feat. FIRE BALL」PV
・㈱マルハンなんば本館・新館店内映像
・㈱マルハンCM
・DVD「THE URBAN FREESTYLER」
・DVD「BASKETBALL SKILL CHALLENGE」
・かりゆし58「ゆい」PV
ほか多数

イベント出演暦

・bjリーグ オールスター戦
・bjリーグ 琉球ゴールデンキングス「ホーム戦」 「ファン感謝祭」 「2014東京ホームゲーム」
・NBA2014-2015シーズンMVP&ワールドチャンピオン「ステファンカリー」来日パーティー
・OKINAWA NON-VERBAL PERFORMANCE「TEE!TEE!TEE! PROJECT」オーディション合格
・2015島ぜーんぶおーきな祭 第7回沖縄国際映画祭「KYORAKU PRESENTSパフォーマンス祭り」
・2015島ぜーんぶおーきな祭 第7回沖縄国際映画祭「KYORAKU PRESENTS島ぜんぶでおーきなトークライブ」
・なんばグランド花月 新喜劇「舶来寄席への道」
・第6回世界ウチナーンチュ大会
ほか多数